【PowerShell】ActiveDirectoryのユーザ一覧を取得する方法

PowerShellで行うActiveDirectory管理について、今回も備忘録的に書いてみます。

皆さんにはありませんか?

突然上司から「30分後に会議があるから部署ごとのADユーザ一覧出して」と言われたことは・・。

そんなときこのコマンドがあれば一発でCSVに出力できます!

スポンサーリンク
レクタングル大

初めに行う事前準備

下記のコマンドを実行するには色々準備が必要です。手順は以下の通り。


1.ADサーバのサーバマネージャを開き、「Windows PowerShell 用 Active Directory モジュール」を追加する。(※サーバ再起動求められるかもです)

2.PowerShellの画面を開いて、「Import-Module ActiveDirectory」コマンドを実行する。


上記の準備ができたらPowerSellの画面から下記のコマンドを実行しましょう。

ActiveDirectoryのユーザ一覧を取得する

Get-ADUser -Properties * -Filter * |Select-object  【オブジェクト名】 |Sort-Object 【オブジェクト名】 |Export-csv C:\ADUser.csv -encoding Default

Select-objectとは・・・

設定されているオブジェクトを出力対象とします。

複数指定したい場合はカンマ区切りで。

【オブジェクトの例】

・Name・・・ユーザ名

・Department・・・部署

・ScriptPath・・・ログインスクリプトパス

・LastLogonDate・・・最終ログオン時間

Sort-objectとは・・・

設定されているオブジェクト名で並べ替えを行います。

これも複数指定したい場合はカンマ区切りで。

csvで出力されるので後から並べ替えることはできますが、面倒なのでここでやっちゃいましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする